メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民、参院選公約は児童手当増額や高速道路料金の値下げなど「アベノミクス対案」

参院選の公約を発表する国民民主党の玉木雄一郎代表=国会内で2019年6月13日午後2時4分、川田雅浩撮影

 国民民主党は13日、夏の参院選公約を発表した。「家計」「地域」を重視し、児童手当増額や高速道路料金の値下げなどを盛り込んだ。玉木雄一郎代表は記者会見で「アベノミクスの対案として、家計第一の経済政策を訴えたい」と語った。

 児童手当は、中学校卒業(15歳)までの子どもがいる世帯が支給対象だが、これを「18歳まで」に延長し、一律で月1万5000円に増やす。低所得の年金生活者には最低でも月5000円を加算。世帯年…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです