メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党堺市議団、渡嘉敷奈緒美大阪府連会長に辞任要求へ 渡嘉敷会長「辞める気は全くない」

渡嘉敷奈緒美前会長=小出洋平撮影

 自民党堺市議団は13日、大阪都構想を巡る方針転換や堺市長選での対応を問題視し、大阪府連の渡嘉敷奈緒美会長(衆院議員)に辞任を求めることを決めた。14日に府連に辞任要求書を提出する方針だが、渡嘉敷会長は取材に「会長を辞める気は全くない。選挙結果を私の責任にしても何にもならない」と話し、辞任を否定した。

 4月の統一地方選後に就任した渡嘉敷会長は、大阪市を廃止・分割する大阪都構想の住民投票容認に方針転換した。都構想についても、「反対ありきではなくゼロベースで見直す」と発言し、大阪と堺の両市議団などが強く反発。府連として関与しなかった堺市長選の結果について、「自民党が共産党と協力しているように見えたのが敗因」などと述べた。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです