メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民「住民投票で決着を」 大阪都構想で方針転換 

大阪都構想の流れ

 自民党大阪府連は14日、従来の方針を転換し、大阪都構想の制度案をつくる法定協議会に前向きな姿勢で臨むことを決めた。都構想への賛否には触れず「住民投票で決着をつける」として、法定協の議論を通じて最終的に住民に判断を委ねる方針。同日夜に府連の渡嘉敷奈緒美会長や府議団、大阪市議団の幹部が会談して合意した。21日に統一地方選後初めて開かれる法定協で新方針を表明する。

 自民は4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選で都構想に反対する候補を擁立したが、大阪維新の会に惨敗。…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです