メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上田清司・埼玉県知事「令和の時代にふさわしい方に」 不出馬会見主な一問一答

記者会見で埼玉県知事選不出馬を表明した上田清司知事=埼玉県庁で2019年6月15日午後2時55分、橋本政明撮影

 埼玉県知事選(8月25日投開票)に立候補しないことを15日の記者会見で表明した上田清司知事の冒頭発言と、主な一問一答は以下の通り。

 ◆8月30日が任期満了になっております。任期満了をもって、知事の仕事を終了させていただきたい。まだ76日残っているので、それまで全力投球で県政の仕事を担うつもりだ。出馬をしない理由は、改革の成果と方向性が、きちっと出てきている。誰がやっても一定の方向は決まっている。幸い、平成の後半16年を受け持った。ちょうど令和が5月からスタートした。令和の時代にふさわしい方に新たなる埼玉の時代を担ってもらうのがいいのかな、と思っている。

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです