メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲、内閣不信任案回避も 枝野氏「参院で問責決議案を」解散恐れ及び腰

野党が終盤国会で検討する「対決カード」

 19日の安倍晋三首相と野党各党の党首討論を前に、立憲民主党が内閣不信任決議案の提出を回避する動きを見せ始めた。党首討論で政権との対決ムードが強まれば、提出の機運が高まる可能性は残る。しかし、選挙準備が遅れている野党側にはなお不信任案提出が衆院解散を誘発するのを恐れる声も根強い。参院選前には提出するのが通例だが、腰砕け気味だ。

 「解散がなさそうだから不信任(決議案)を出すと思われるのはしゃくなので」。立憲の枝野幸男代表は16日、京都市内で記者団にこう前置きし、「参院選に挑むわけだから、参院で(首相の)問責決議案を出すのがスジじゃないか」と語った。不信任案は見送り、首相問責決議案に傾いていることを示唆した。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです