メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲、内閣不信任案回避も 枝野氏「参院で問責決議案を」解散恐れ及び腰

野党が終盤国会で検討する「対決カード」

 19日の安倍晋三首相と野党各党の党首討論を前に、立憲民主党が内閣不信任決議案の提出を回避する動きを見せ始めた。党首討論で政権との対決ムードが強まれば、提出の機運が高まる可能性は残る。しかし、選挙準備が遅れている野党側にはなお不信任案提出が衆院解散を誘発するのを恐れる声も根強い。参院選前には提出するのが通例だが、腰砕け気味だ。

 「解散がなさそうだから不信任(決議案)を出すと思われるのはしゃくなので」。立憲の枝野幸男代表は16…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです