メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「解散」直接聞けない野党 首相「頭の片隅にもない」 党首討論で神経戦

党首討論で立憲民主党の枝野幸男代表(左手前)の質問に答える安倍晋三首相(中央右)=国会内で2019年6月19日午後3時18分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首による今国会初の党首討論が19日、約45分間行われた。主要野党は、「公的年金だけでは老後資金が夫婦で約2000万円不足する」との金融審議会報告書の受け取りを政府が拒んだことを追及。一方、首相は今国会中に衆院解散・総選挙に踏み切る可能性について「頭の片隅にもない」と語った。

 「他の党首の人は言いたくても言えなかった。解散するのか、しないのか」。4党首で最後に質問に立った日…

この記事は有料記事です。

残り2134文字(全文2346文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです