メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

野党、内閣不信任案を提出へ 土壇場で「切り札」

参院選を控えた近年の通常国会での内閣不信任決議案

 立憲民主、国民民主、共産など野党5党派が内閣不信任決議案を提出する方針を固めたのは、安倍晋三首相が衆参同日選を見送る意向を公明党に伝えたことで、不信任案提出が衆院解散を誘発する懸念は小さくなり、提出の環境が整ったと判断したからだ。5党派は週明けの24日に幹事長・書記局長会談を開くなどして提出方針を確認し、翌25日に提出する運びだ。ただ、同日の衆院本会議で与党などの反対多数で否決される見通しだ。【野間口陽、東久保逸夫】

 「いつ、どう使うかは自民党に伝わるように言うはずがない」。立憲の枝野幸男代表は21日朝、インターネ…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文848文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです