メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲 「反安倍色」前面に 参院選公約発表 党内に不満も

参院選に向けたポスター(左)と政策を発表した枝野幸男代表=東京都千代田区で2019年6月24日午後4時8分、山下浩一撮影

 立憲民主党が24日に発表した参院選公約では、「反安倍色」が前面に出た。同性婚を可能とする法改正、原発ゼロ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事中止、内閣人事局制度の抜本的見直しなどは安倍政権が「受け入れ困難」なもので、政権との対立軸を鮮明にする狙いだ。

 参院選にあたり、与野党は生活改善を求める世論を意識し、家計重視の公約を相次ぎ発表しており、立憲も「ボトムアップの経済」を掲げた。国民民主党も「家計第一」をうたい、政策集の冒頭で児童手当増額や家賃補助、高速料金見直しなど「生活密着」の公約を集中的にアピールした。これに対し、立憲は「多様性を力にする社会」「参加型政治」への転換も重点項目に掲げた。

 念頭にあるのは、政権に批判的な層へのアピールだ。同性婚を可能とする法改正の明記は、伝統的家族観を重視する保守派を抱える自民党には困難。政府も「家族のあり方の根幹に関わり、極めて慎重な検討を要する」(菅義偉官房長官)と否定的だ。「各議会での男女同数を目指す」との打ち出しも、女性議員や候補の割合が少ない自民を意識した。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです