メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今国会、法案54本が成立 「スーパーシティ構想」関連は廃案

今国会最後の衆院本会議が閉会し拍手する(後列左から)根本匠厚生労働相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相、茂木敏充経済再生担当相、菅義偉官房長官ら=国会内で2019年6月26日午後1時16分、川田雅浩撮影

 26日閉会した通常国会では、参院選への悪影響を避けるため、政府が新規の提出法案を57本に絞り込み、与野党が法案をめぐり対決する場面は少なかった。提出本数は通常国会では2016年の56本に次ぐ少なさで、57本のうち54本が成立。成立率は94・7%と、昨年の通常国会(92・3%)を上回った。

 幼児教育・保育を無償化するための改正子ども・子育て支援法や、ふるさと納税の返礼品を寄付額の「3割以下の地場産品」に規制する改正地方税法な…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです