メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今国会、法案54本が成立 「スーパーシティ構想」関連は廃案

今国会最後の衆院本会議が閉会し拍手する(後列左から)根本匠厚生労働相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相、茂木敏充経済再生担当相、菅義偉官房長官ら=国会内で2019年6月26日午後1時16分、川田雅浩撮影

 26日閉会した通常国会では、参院選への悪影響を避けるため、政府が新規の提出法案を57本に絞り込み、与野党が法案をめぐり対決する場面は少なかった。提出本数は通常国会では2016年の56本に次ぐ少なさで、57本のうち54本が成立。成立率は94・7%と、昨年の通常国会(92・3%)を上回った。

 幼児教育・保育を無償化するための改正子ども・子育て支援法や、ふるさと納税の返礼品を寄付額の「3割以下の地場産品」に規制する改正地方税法な…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです