メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小泉進次郎氏、2000万円問題は「絶好のチャンス」 参院選での議論訴え

金融庁金融審議会の報告書を巡る問題や年金制度などについて語る小泉進次郎衆院議員(右)と小倉将信衆院議員=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2019年6月26日、藤井太郎撮影

 金融庁金融審議会が老後資金に関して「30年間で約2000万円が必要」と示した報告書について、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長と小倉将信金融調査会事務局長が26日、毎日新聞のインタビューに応じた。小泉氏は報告書に注目が集まったことに触れ、「社会保障改革を議論する絶好のチャンスだ」と述べた。

 小泉氏は「今回の問題があったから社会保障改革への関心が高まった。ピンチをチャンスに変えられる」と指摘した。小倉氏も「人生100年時代に備えなければいけないというメッセージは大切。逃げずにしっかりと訴えて説明する姿勢が重要」と述べた。

 野党は報告書を踏まえて、与党がうたってきた「年金100年安心」が崩れたと批判している。小泉氏は「100年いじらない制度はない。年金は老後の柱であって全てを支えるものではない」と説明。「将来、受給水準は下がる。それを放置するのではなくて人生や働き方に合わせて選べるような改革をしていく」と強調した。小倉氏も「柱以外の部分をどう作るか、金融経済教育も重要だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです