メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

参院選「改憲」掲げた首相、「3分の2」勢力に執着しない理由

参院選で注目される獲得議席

 通常国会が26日閉会し、与野党は7月4日公示、21日投開票の参院選に向けて、事実上の選挙戦に入った。安倍晋三首相は記者会見で、憲法改正を争点とする考えを表明。改憲発議に必要な3分の2の議席を参院で維持するのは高いハードルだが、選挙に勝利することで秋の臨時国会からの改憲論議の前進を狙う。野党は「老後資金2000万円問題」などで攻勢を強める。10月の消費税率引き上げの是非も争点だ。

 「国会議員は国民に対し、判断材料を提供する大きな責任があるはずだ。少なくとも議論する責任がある」。安倍首相は26日の記者会見で、自衛隊明記など具体的な中身ではなく、憲法論議のあるべき姿を強調し続けた。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです