メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しい国」の行方

2019参院選/3(その1) 復興五輪、実感遠く

 「空室です」と書かれた白い紙が張られた小さな引き戸が並ぶ。2011年3月の東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市の「滝の里仮設住宅」。一時は86世帯が身を寄せ、今は半数の43世帯が暮らす。仮設住宅が解体されるのは21年3月。入居者は、それまでに次の住まいを探さなければならない。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです