メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「未来変えよう」ツイッターで選挙分析発信 三春充希さんインタビュー

 世論調査や選挙の分析を発信している三春充希さんのツイッターアカウント=2019年6月25日撮影

 参院選が迫る中、近年の国政選挙で投票率が3~4割程度と最低水準で推移する20~30代の動向が注目される。既成政治に対する不信感も広がる中、どう政治に関わるのか。ツイッターでの世論調査分析で注目を集め、今月「武器としての世論調査――社会をとらえ、未来を変える」(ちくま新書)を出版した三春充希さん(31)に、若い世代の一人として政治や社会に向き合う姿勢を聞いた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2691文字(全文2891文字)

和田浩明

1991年4月入社。英文毎日編集部、サイバー編集部、外信部、大阪社会部を経て2003年10月から08年3月までワシントン特派員。無差別発砲事件、インド洋大津波、イラク駐留米軍や大統領選挙を取材。09年4月からはカイロに勤務し、11年1月に始まった中東の民主化要求運動「アラブの春」をチュニジア、エジプト、リビア、シリア、イエメンで目撃した。東京での中東、米州担当デスク、2度目のワシントン特派員などを経て2019年5月から統合デジタル取材センター。日本社会と外国人住民やLGBTなどの今後に関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです