メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目指せ、最下位脱出!投票率が群馬県ワーストの館林市が本気の啓発スタート

「投票率最下位脱出!」と書かれた館林市選管ののぼり旗とたすきを掛けた選管マスコット=館林市役所で2019年6月27日午後0時8分、高橋努撮影

 群馬県館林市選挙管理委員会は、参院選・知事選(7月21日投開票)に向けて「投票率最下位脱出!」をキャッチフレーズに、民間も巻き込んだ選挙啓発活動に乗り出す。

 館林市は、今年4月の県議選の投票率が35.74%と県内市町村中最低だった。知事選では2007年(45.89%)と11年(28.60%)に投票率県内最低を記録し、前回15年は最下位を免れたものの、28・05%と過去最低の投票率に終わった。

 危機感を抱いた市選管は「ネガティブ(後ろ向き)だが、まずは市民に現実を知ってもらわなくては」(事務…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです