メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政活費で「大阪維新」政党活動 大阪市議会・広田議長 一部返還へ

大阪市役所=林由紀子撮影

 大阪市議会の広田和美議長(55)=福島区選挙区=が議長就任前の2018年度に交付された政務活動費(政活費)で、所属する大阪維新の会の実績や大阪都構想をアピールする党会合の関連経費計約75万円を全額支出していたことが分かった。市条例に基づく手引では政党活動への支出は禁じられており、広田氏は毎日新聞の指摘を受け「政党活動と言われても完全に否定できない」として、議会事務局に一部を返還する意向を伝えた。

 維新は党の活動として4月の統一地方選を前に、昨年12月~今年3月に市内24区などでタウンミーティング(TM)を開催。松井一郎代表や吉村洋文政調会長(当時)らが支持者らに改革の成果や都構想の意義を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです