メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政活費で「大阪維新」政党活動 大阪市議会・広田議長 一部返還へ

大阪市役所=林由紀子撮影

 大阪市議会の広田和美議長(55)=福島区選挙区=が議長就任前の2018年度に交付された政務活動費(政活費)で、所属する大阪維新の会の実績や大阪都構想をアピールする党会合の関連経費計約75万円を全額支出していたことが分かった。市条例に基づく手引では政党活動への支出は禁じられており、広田氏は毎日新聞の指摘を受け「政党活動と言われても完全に否定できない」として、議会事務局に一部を返還する意向を伝えた。

 維新は党の活動として4月の統一地方選を前に、昨年12月~今年3月に市内24区などでタウンミーティン…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです