メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
参院選2019

公約そろう 自民「外交・防衛」強調 立憲など「家計」に傾斜

 参院選(7月4日公示、21日投開票)に向けた主要7政党の公約が出そろった。自民党は重点項目のトップに「外交・防衛」を掲げ、6年半で積み上げた実績と「政権担当能力」をアピールし、立憲民主党や国民民主党などの野党は、実質賃金の低下傾向などに焦点を当て、「家計」に傾斜した政策を訴えている。10月からの消費税率引き上げや、金融庁金融審議会の報告書に端を発した年金問題、憲法改正なども争点に論戦が展開される見通しだ。(12、13面に特集)

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文797文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです