メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

菅氏、異例の全国遊説 公示前に14道府県 首相が東京不在時も

聴衆から握手を求められる菅氏=広島市中区で6月22日、高橋克哉撮影

 菅義偉官房長官が参院選公示を前に異例の全国遊説を続けている。危機管理担当の官房長官は東京で備えるのが通例だが、外交日程で多忙な安倍晋三首相(自民党総裁)に代わり、自公両党の「激戦区」を中心に少なくとも14道府県を訪問する。「令和」の墨書を掲げた新元号発表で知名度が高まり、「政権の顔」としてフル回転する菅氏。しかし、首相と官房長官が同時に東京を離れた日が6月は3日間あり、公示後も増えそうだ。【高橋克哉】

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです