メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの参院選

老後不安解消の「処方箋」 貯蓄2000万円では足りない?

参院決算委員会で、夫婦の老後資金として「30年で約2000万円が必要」とした金融庁の試算に関する質問を聞く安倍晋三首相(左)と麻生太郎副総理兼財務相=国会内で2019年6月10日、川田雅浩撮影

 「老後に2000万円を取り崩す必要がある」。金融庁金融審議会が6月3日にまとめた報告書の内容に、多くの人に「年金は安心じゃなかったのか」「そんなにためられない」との驚きの声が広がりました。「金融広告で用いる不安商法のよう」と専門家からの意見もある一方、別の研究者からは「生活水準が現役時代と比べて10%以上低下する可能性が大きい50代世帯は46%」との試算も示されました。自分の老後にどんな備えが必要なのか――。そんな不安に対し、専門家の意見を踏まえ、シミュレーションしながら考えてみたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り2509文字(全文2760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです