メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しい国」の行方

2019参院選/8止(その1) 非正規、続く雇い止め

 通告は突然だった。昨年11月末、人材派遣会社からの一本の電話。「急な話ですが、今の契約は12月末でおしまいだそうです」。派遣先企業からの雇い止めを伝える連絡だった。給湯器メーカーの製品工場で働き始めて20日足らず。契約が更新されない理由も告げられなかった。「また使い捨てられるんだな」。結論を受け入れる以外、選択の余地はなかった。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです