メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しい国」の行方

2019参院選/8止(その1) 非正規、続く雇い止め

 通告は突然だった。昨年11月末、人材派遣会社からの一本の電話。「急な話ですが、今の契約は12月末でおしまいだそうです」。派遣先企業からの雇い止めを伝える連絡だった。給湯器メーカーの製品工場で働き始めて20日足らず。契約が更新されない理由も告げられなかった。「また使い捨てられるんだな」。結論を受け入れる以外、選択の余地はなかった。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです