メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

党首討論会 改憲、自公に温度差 野党にも食い違い

討論会に臨む(左から)維新の松井代表、国民の玉木代表、公明の山口代表、自民の安倍総裁、立憲の枝野代表、共産の志位委員長、社民の吉川幹事長=東京都千代田区の日本記者クラブで2019年7月3日、藤井達也撮影

 3日の日本記者クラブ主催の党首討論会では、安倍晋三首相(自民党総裁)や立憲民主党の枝野幸男代表など与野党7党の党首らが、互いの「弱み」を突き合った。

この記事は有料記事です。

残り2819文字(全文2894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです