メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性候補割合、過去最高も「男女均等」ほど遠く 与党は消極的 参院選

参院選の女性候補者数と割合

 4日公示された参院選では、女性候補を積極的に擁立した政党と、立候補者に占める女性の割合が伸び悩んだ政党にくっきりと分かれた。「政治分野における男女共同参画推進法」が昨年5月に施行されて以降初の国政選挙で、女性候補の割合は28.1%と過去最高を更新したが、「男女均等」にはほど遠い状況だ。

 女性候補の割合は社民党71.4%(5人)、共産党55%(22人)で、推進法の目標をクリアし、45.2%(19人)の立憲民主党があと一歩まで近づけた。

 立憲など主要野党が改選数1の「1人区」で擁立した無所属の野党統一候補18人のうち、11人が女性だ。報道各社の世論調査では、安倍内閣の支持率は男性に比べて女性が低い傾向にあり、女性候補をテコに政権批判票を吸い上げる狙いもあるとみられる。立憲の枝野幸男代表は4日、東京都内での街頭演説で「45%は女性候補で、こうした仲間を当選させれば国会の景色が変わる」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  3. 石破氏が派閥会長辞任の意向 22日にも表明 総裁選敗北の責任取り

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです