メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
参院選

公示 安倍政権7年審判 改憲3分の2焦点 年金・消費増税論戦 21日投開票

党首らの第一声 どこで語った

 第25回参院選が4日公示され、21日の投開票に向け17日間の選挙戦が始まった。安倍晋三首相(自民党総裁)は第一声で憲法改正を訴えており、改憲発議に必要な参院定数(245)の「3分の2」の164議席を、改憲に前向きな勢力が維持するかが焦点だ。ただ、主要7政党のうち公明、立憲民主、国民民主、日本維新の会の4党首は第一声で憲法に触れなかった。野党は年金や消費増税、アベノミクスの負の側面を突き、争点はすれ違う。その中で長期政権の評価も問われる。【野口武則】

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1017文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです