メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

公示 安倍政権7年審判 改憲3分の2焦点 年金・消費増税論戦 21日投開票

党首らの第一声 どこで語った

 第25回参院選が4日公示され、21日の投開票に向け17日間の選挙戦が始まった。安倍晋三首相(自民党総裁)は第一声で憲法改正を訴えており、改憲発議に必要な参院定数(245)の「3分の2」の164議席を、改憲に前向きな勢力が維持するかが焦点だ。ただ、主要7政党のうち公明、立憲民主、国民民主、日本維新の会の4党首は第一声で憲法に触れなかった。野党は年金や消費増税、アベノミクスの負の側面を突き、争点はすれ違う。その中で長期政権の評価も問われる。【野口武則】

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです