メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

公示 女性擁立、政党差くっきり 過去最高28.1% 与党は消極姿勢

参院選の女性候補者数と割合

 4日公示された参院選では、女性候補を積極的に擁立した政党と、立候補者に占める女性の割合が伸び悩んだ政党にくっきりと分かれた。「政治分野における男女共同参画推進法」が昨年5月に施行されて以降初の国政選挙で、女性候補の割合は28・1%と過去最高を更新したが、「男女均等」にはほど遠い状況だ。【竹地広憲】

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです