メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

公示日 「高」「低」投票率のまちから 新潟県粟島浦村/大阪市浪速区

新潟選挙区には3人が立候補したが、掲示板に張られたポスターは午前に1人、午後に1人だった=新潟県粟島浦村で2019年7月4日午後6時ごろ、曽田拓撮影(画像の一部を加工しています)

 有権者の「政治離れ」が指摘されて久しい。国政選挙の投票率は低下し、参院選(選挙区)は1992年、衆院選(小選挙区)は2012年以降、60%を下回る。投票に「行く」「行かない」を分ける理由は何か。17年の前回衆院選で最も投票率が高かった新潟県粟島浦村(90・97%)と最低だった大阪市浪速区(34・76%)で、公示日から投開票日まで有権者を追い、投票行動の背景を探る。

この記事は有料記事です。

残り1879文字(全文2063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです