メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
あなたの参院選

国会への「ファストパス」 特定枠が新登場

参院定数を「6増」し、特定枠を新設する自民党提出の公職選挙法改正案が可決された参院本会議。手前の空席は採決に抗議し退席した立憲民主党などの議員たちの席=国会内で2018年7月11日、川田雅浩撮影

 選挙運動を一切しなくても参院議員になれます――。そんな話があるのかと思うかもしれませんが、本当にあるのです。今回の参院選からスタートする「特定枠」の仕組みです。特定枠で立候補した人は、事務所を構えることもポスターを張ることも禁止されますが、他の候補者よりも優先的に議席をもらうことができます。政治団体「れいわ新選組」が重い障害のある人を枠に入れたことでも、話題になっているこの仕組み。なんのためにできたのでしょうか。【青木純】

この記事は有料記事です。

残り2902文字(全文3116文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです