メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

毎日新聞総合調査 「1人区」苦しい野党 共闘空回り「優勢」5区

候補者らの訴えに耳を傾ける人たち=東京都新宿区で4日、滝川大貴撮影

 毎日新聞の参院選総合調査では、自民、公明両党が改選過半数を確保する堅調ぶりを示した。一方、立憲民主党など主要野党は苦戦を強いられている。全国32の改選数1の「1人区」で、前回2016年の11議席を割り込みかねない。また、憲法改正に前向きな「改憲勢力」が「3分の2」に届かない可能性もある。各党は党勢拡大に全力を挙げている。

この記事は有料記事です。

残り2599文字(全文2761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです