メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの参院選

トランプさん、安倍さんは黄 あなたの勝ちカラーは?

「都民ファーストの会」の総決起大会で、緑色のボードを使った小池百合子東京都知事(中央)=東京都目黒区で2017年6月1日午後6時37分、小川昌宏撮影

 参院選が始まり、青や赤ののぼりを立てて演説する立候補者と、おそろいの色のポロシャツを着たスタッフの姿を街で見かけるようになった。各候補者の選挙ポスターもオレンジや緑などカラフルに彩られている。選挙戦で「色」はどんな効果を与えているのか。選挙プランナーの三浦博史さん(68)に聞いた。【斎藤有香】

色を決めた戦いは半世紀前から

 「色は大事ですよ。好感度、見た目、雰囲気を左右する。選挙戦術で重要な要素の一つです」。数多くの首長や国会議員の選挙参謀として活躍し、「勝率9割」を誇る選挙プランナーの第一人者はこう断言する。

 三浦さんによると、日本の選挙で色が「イメージカラー」として使われ始めたのは約50年前からという。色を決めて戦うというのは世界中の選挙でも行われており、例えば米では共和党は赤で、民主党は青と、政党によって色を決めている。「運動会でも、たった一日のためにチームを紅白に色分けして敵味方をはっきりさせることで士気を高め、チームで勝とうとするモチベーションをアップさせますよね。選挙もある意味『戦い』で、色…

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです