メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「憲法に自衛隊」が争点のはずが… 基地の町に候補者少なく 参院選

国道を挟んで米軍基地に面する商店街に設置された候補者ポスターの掲示板。国道を選挙カーが通ることはあまりない=東京都福生市で2019年7月7日午前9時49分、堀智行撮影(画像の一部を加工しています)

 自民党は参院選の公約のトップに「外交・防衛」を掲げ、自衛隊を明記する憲法改正を視野に入れる。防衛が強化されれば、自衛隊が共同利用する在日米軍基地周辺に与える影響は大きい。にもかかわらず、「基地のまち」で演説する候補者は少ない。公示後初の日曜日の7日も、候補者の多くが有権者の多い都市部に足を向けた。基地のまちの住民は、静かなファーストサンデーをどう感じたのか。

 米空軍横田基地(東京都福生(ふっさ)市、瑞穂町、武蔵村山市、羽村市、立川市、昭島市)が市の面積の約…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです