メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

基地のまち置き去り 初の日曜、選挙カー来ず

 自民党は参院選の公約のトップに「外交・防衛」を掲げ、自衛隊を明記する憲法改正を視野に入れる。防衛が強化されれば、自衛隊が共同利用する在日米軍基地周辺に与える影響は大きい。にもかかわらず、「基地のまち」で演説する候補者は少ない。公示後初の日曜日の7日も、候補者の多くが有権者の多い都市部に足を向けた。基地のまちの住民は、静かなファーストサンデーをどう感じたのか。【堀智行、長真一】

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1075文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです