メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野市選管

参院選なのに県議選投票用紙 誤交付、44人無効票

 長野市選挙管理委員会は7日、市役所に設けた参院選期日前投票所で、比例代表の投票用紙として誤って4月の長野県議選の投票用紙を交付するミスがあったと発表した。公職選挙法に基づき投票した44人分が無効票となり、再交付も行わない見込み。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです