メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会議員所得 「講演料」百人超計上 最高は青山繁晴参院議員5929万円

「講演料」を記載した主な大臣経験者や野党党首=共同

 8日公開された国会議員の2018年分所得報告書で、「講演料」名目の収入を得たのは116議員だった。衆院は74人、参院は42人。多くは数万~数十万円だったが、約5900万円の収入を記載した人も。閣僚経験者や政党幹部など知名度の高い議員に、数百万円を報告する例が目立った。

 政治風刺コント作家の松崎菊也さんは、講演が“副業”になっている実態に「もらったお金に見合う話をしている人が一体どれだけいるのか。呼ぶ方も政治家の話をありがたがる時代でもないでしょうに」と皮肉った。

 閣僚経験者では、元地方創生担当相で、自民党の石破茂元幹事長が「原稿料、講演料、出演料、印税」で39…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです