メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選・数字が語る争点

消費税(その1) 4万円 還元効果は不透明

 10月1日に実施予定の消費税率8%から10%への引き上げを巡り、野党各党が景気への悪影響を懸念し反対姿勢を強めている。これに対して、安倍晋三首相は「経済状況について消費は堅調だ」と強調。景気への影響についての見方は分かれている。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです