メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

投票用紙を「節約」 一部選管「9割あれば余裕」 専門家「減らし方慎重に」

東京都が参院選に向けて用意した投票用紙。枚数は都内の有権者数より1割ほど少ない=東京都庁で

 参院選の投票日(21日)に向け、各都道府県の選挙管理委員会は一人でも多くの有権者が投票するよう呼びかけている。一方、一部の自治体は低投票率を見越し、有権者全員分の投票用紙を用意していない。投票率100%を想定するのは現実的ではないとし、経費や資源を節約しようという判断だ。専門家は「問題意識は理解できるが、減らし方は慎重に」と指摘している。【大久保昂】

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです