メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの参院選

勤続36年「名ばかり」管理職に 「女性活躍」の現実とは?

参院議員会館内で開かれた女性の労働環境改善に向けての意見交換会で国会議員や厚生労働省、内閣府の担当者らを前に話す長迫忍さん(中央)

 安倍政権が女性活躍施策を打ち出して6年になる。今では、7割以上の女性が働く時代だ。しかし実は、女性の賃金は、男性よりもかなり低い。米国や欧州では女性の賃金は男性の8割以上だが、日本はフルタイム労働者の平均月給で女性は男性の7割だ。女性の過半数は非正規職で、労働者全員の平均時給でみると、女性は男性の65%台となる。なぜ女性の時給は安いのか?

この記事は有料記事です。

残り2934文字(全文3105文字)

中川聡子

2006年入社。東京・社会部、旧生活報道部、統合デジタル取材センターを経て、くらし医療部で労働・子育て分野などを担当。性差別を追った連載「ガラスの天井」取材班として2016年貧困ジャーナリズム賞。2019年にも児童扶養手当の資格確認を巡るスクープ報道で同賞を受けた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  2. ORICON NEWS AAA宇野実彩子、12・28年内最後の配信ライブ「仲良しのゲストさんも」

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  5. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです