メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「強制不妊 争点化を」 東北大生、参院選候補に質問状

回答を分析する鴫原宏一朗さん(中央)ら東北大の学生たち=仙台市青葉区で8日

 東北大学の学生有志が、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた障害者らへの補償の在り方などを尋ねる公開質問状を、強制手術件数が多い10都道府県の参院選挙区から立候補した計81人に送付した。回答期限は12日で、投開票前の16日に分析結果を公表する。学生たちは「4月施行の一時金支給法(救済法)は補償が十分でない。差別のない社会を実現するため、選挙でも争点化すべきではないか」と問題提起する。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  4. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです