メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの参院選

後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く

待合室にはお年寄りや子どもの姿が絶えない=青森県大間町で2007年2月26日、竹内幹撮影

 75歳以上の後期高齢者の人には1人当たり年間約91万円の医療費がかかっている。このお金は何で賄っているのだろうか。

 患者本人が病院窓口で原則1割の自己負担分を払う。残りについては、半分が税金、1割を後期高齢者の人たちが納めている保険料で、あとの4割は現役世代が負担している。これをさまざまな調整の仕組みを勘案して計算すると、現役世代は1人の後期高齢者に対して毎年、約35万円を「仕送り」していることになる。

 日本が世界に誇る「国民皆保険制度」だが、現役世代の仕送り頼みというのが現実だ。こうした仕組みは、あ…

この記事は有料記事です。

残り2226文字(全文2480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. 恵方巻きの廃棄削減を 農水省、節分を前に各社に要請

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. ライフスタイル ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ(GetNavi web)

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです