メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

政治、人生切り開くため 高校で主権者教育 「学歴と年収」ゲームで実感

トランプをする生徒たちを見守る古井康介さん(奥)=東京都板橋区で9日午前

 21日投開票の参院選は、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから3回目の国政選挙となる。高校では主に初めて選挙権を得る生徒もいる3年生を対象に「主権者教育」が実施されており、政治を身近に感じてもらうために授業にも工夫が施されている。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです