メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

候補者アンケート 改憲、姿勢に濃淡 教育、解散権でズレ

候補者の第一声に耳を傾ける人たち=東京都新宿区で2019年7月4日、滝川大貴撮影

 参院選(4日公示、21日投開票)は、自民、公明両党と日本維新の会など憲法改正に前向きな改憲勢力が選挙後に総定数245の3分の2に当たる164議席に到達するかが焦点だ。選挙結果は今後の改憲議論に大きく影響する。主要7政党の候補者の回答を分析すると、具体的な改憲項目に対するスタンスは与野党双方で濃淡が生じていた。【竹地広憲、浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り2468文字(全文2635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです