メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選・注目区ルポ

/3 福岡 野党の共闘崩れる 立憲、静岡に擁立 国民「意趣返し」

「野党共闘」を築けず、苦しい胸の内を語る国民民主党の城井崇・福岡県連代表(左)。中央は玉木雄一郎代表=北九州市小倉北区のリーガロイヤルホテル小倉で2019年7月1日、野間口陽撮影

 「あっちが立てばこっちが立たずの板挟みだった」。国民民主党福岡県連代表の城井崇衆院議員は1日、北九州市のホテルで開いた政治資金パーティーのあいさつで苦しい胸中を吐露した。参院福岡選挙区(改選数3)で目指した立憲民主党との共闘が、国民新人の春田久美子氏の擁立で崩れたためだ。

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです