メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2019参院選・注目区ルポ

/3 福岡 野党の共闘崩れる 立憲、静岡に擁立 国民「意趣返し」

「野党共闘」を築けず、苦しい胸の内を語る国民民主党の城井崇・福岡県連代表(左)。中央は玉木雄一郎代表=北九州市小倉北区のリーガロイヤルホテル小倉で2019年7月1日、野間口陽撮影

 「あっちが立てばこっちが立たずの板挟みだった」。国民民主党福岡県連代表の城井崇衆院議員は1日、北九州市のホテルで開いた政治資金パーティーのあいさつで苦しい胸中を吐露した。参院福岡選挙区(改選数3)で目指した立憲民主党との共闘が、国民新人の春田久美子氏の擁立で崩れたためだ。

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1506文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです