メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

候補者アンケート(その1) 安倍外交、自公にも異論

 毎日新聞が実施した参院選の全候補者アンケートでは、政党ごとの主張の違いや、政党内での温度差が示された。安倍晋三首相(自民党総裁)の「1強」化が指摘される自民内でも、異論が多い分野がある。自民(回答者77人)、公明(23人)、立憲(43人)、国民(28人)、共産(40人)、維新(21人)、社民(7人)の主要7政党の候補者たちの回答を中心に分析した。毎日新聞のホームページでは、アンケートと同じ20の質問に答えることで、候補者の回答との「一致度」を示すサービス「えらぼーと」を実施している。

この記事は有料記事です。

残り2228文字(全文2473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです