メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
参院選2019

外国人の人権なおざり 不法滞在、収容長期化

ラフマニさんへの思いを語る宍倉七郎さん。車の助手席に乗せて出掛けることも、よくあったという=千葉県木更津市で2019年6月21日、金子淳撮影

 21日投開票の参院選で、不法滞在の外国人の処遇について議論を求める声が上がっている。出入国在留管理庁への収容期間が長期化する傾向が強まっているからだ。さまざまな事情で帰国が難しい外国人も少なくないが、参政権がない外国人の人権問題は、選挙戦であまり語られない。今年4月には外国人受け入れ拡大を定めた改正入管法が施行され、支援者らは「新しい制度を考え、外国人も暮らしやすい社会を」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1314文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『これは経費で落ちません!』多部未華子に高評価 満足度右肩上がり

  2. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです