メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの参院選

「タピオカ」から考える環境問題 街にあふれるプラごみはどこに行く?

原宿でタピ活中のカップル。津田貴士さん(30)=中央=は「月1回くらい飲みます。ごみは持ち帰って分別して捨てています」と話していた=東京都渋谷区で2019年7月9日午後1時23分、待鳥航志撮影

 タピオカブームが続いている。1990年代初め、2000年代後半に続いて国内で3回目となるブームだ。ミルクティーなどに入った黒い粒などのタピオカの独特な見た目が、インスタ映えを狙う若者を中心に受けている。若者文化の発信地である東京都渋谷区などでは多くの若者が「タピ活」(タピオカドリンクを飲む活動)をしている。だが、ブームの陰でタピオカのプラスチック容器のごみが問題になっている。路上にポイ捨てされている容器も多く見かけるが、日常的に使い捨てられるプラスチックごみはその後、どこへ行くのか。タピオカブームの現場を歩いた。

 東京都渋谷区・原宿の竹下通り(約350メートル)周辺には5、6軒のタピオカ店が建ち並ぶ。原宿竹下通り商店会によると「ここ数カ月で一気に増えた」という。タピ活中の若者たちが行き交う街中を歩くと、道ばたのあちらこちらで放置されたタピオカのプラスチック容器を見かけた。人けのない路地に入ると、容器が10個以上ポイ捨てされているところも。自動販売機の脇にあるリサイクルボックスに大量の容器が詰め込まれ、あふ…

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2355文字)

待鳥航志

1990年埼玉県生まれ。早稲田大大学院政治学研究科修士課程(ジャーナリズムコース)修了。2015年入社。高松、姫路の2支局を経て、19年5月から統合デジタル取材センター記者。関心分野はインターネットの文化や思潮、生活史、過疎地域など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです