メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの参院選

「タピオカ」から考える環境問題 街にあふれるプラごみはどこに行く?

原宿でタピ活中のカップル。津田貴士さん(30)=中央=は「月1回くらい飲みます。ごみは持ち帰って分別して捨てています」と話していた=東京都渋谷区で2019年7月9日午後1時23分、待鳥航志撮影

 タピオカブームが続いている。1990年代初め、2000年代後半に続いて国内で3回目となるブームだ。ミルクティーなどに入った黒い粒などのタピオカの独特な見た目が、インスタ映えを狙う若者を中心に受けている。若者文化の発信地である東京都渋谷区などでは多くの若者が「タピ活」(タピオカドリンクを飲む活動)をしている。だが、ブームの陰でタピオカのプラスチック容器のごみが問題になっている。路上にポイ捨てされている容器も多く見かけるが、日常的に使い捨てられるプラスチックごみはその後、どこへ行くのか。タピオカブームの現場を歩いた。

この記事は有料記事です。

残り2095文字(全文2355文字)

待鳥航志

1990年埼玉県生まれ。早稲田大大学院政治学研究科修士課程(ジャーナリズムコース)修了。2015年入社。高松、姫路の2支局を経て、19年5月から統合デジタル取材センター記者。関心分野はインターネットの文化や思潮、生活史、過疎地域など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです