メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高等教育「完全無償化を」 苦学生訴え、一票に託す

夕方から始まる授業に向かう原哲哉さん=東京都文京区で2019年7月9日午後5時8分、滝川大貴撮影

 低所得世帯を対象に、大学など高等教育の費用負担を軽減する法律が5月に成立した。減免されるには所得など一定の条件を満たす必要があり、当初掲げられた「無償化」とは言い切れない。完全無償化に向けた方策は参院選で主要な争点になっておらず、学生からは「教育に投資を」との声が上がっている。

 東洋大(東京都文京区)の2部(夜間コース)文学部に通うさいたま市の原哲哉さん(20)は母子家庭で育った。スケジュールは、アルバイトと授業でほとんど埋まっている。平日の日中は東洋大学生部の窓口でバイトし、午後6時から授業に出席。土日も午前中はコンビニのバイトがある。計8万円前後のバイト代から定期代や食費、教科書代などを捻出している。

 日本の文学や文化に興味があり、地元の公立高校から私立大への進学を希望したが、看護師の母の収入で年1…

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1572文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです