メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁報告書から透けて見える「戦前のイヤな感じ」

金融庁の「報告書騒動」の発端となった麻生氏の諮問文。自ら有識者に「検討」してもらいながら、その結果の受け入れは拒否するという奇手に出た=東京都千代田区で2019年7月11日

 考えている。かの「老後2000万円問題」、金融庁報告書の一件だ。おカネの不安もさることながら、安倍晋三政権が報告書を握り潰したことが気になっている。昭和の戦争の時代にも、似たようなことがあった。報告書から透けて見える「戦前のイヤな感じ」を読み解いた。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

麻生氏、仰天の一手

 それにしても、麻生太郎財務相にはびっくりである。

 例の報告書、金融担当相も兼ねる麻生氏が2016年4月、金融庁の審議会に「経済の持続的な成長及び家計…

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです