メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公、維新を強く意識 無党派層争奪戦 大阪選挙区

商店街で有権者に支持を訴える候補者=大阪市淀川区で2019年7月10日、梅田麻衣子撮影(画像の一部を加工しています)

 改選数4に12人が挑む大阪選挙区は、分厚い地盤を築いた維新の動向に他党が神経をとがらせる。

 「『国政は自民党なのに、大阪はなんでちゃうねん』とたくさんの人に言われた。今回も4人のうち2人は維新と言われている。公明も強いから残る席は一つなんです」

 8日夜、自民現職の太田房江氏は堺市の演説会で危機感を強調した。維新は4月の統一地方選以降、府内で政権与党を圧倒し続ける。知事・大阪市長のダブル選や安倍晋三首相が応援に入った衆院大阪12区補選でも自民、公明に勝利した。

 2016年の参院選では共倒れの懸念がある中で新人2人を当選させた。今回は現職の東徹氏に加え、元フリ…

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです