メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

AI、政策の相棒なるか 「党首」や自治体、分析に活用 人間による検証課題

取材に応じるAI党の党首、松田道人さん=東京都内で

 人工知能(AI)が注目される中、政策立案に活用しようという動きが出ている。4月には東京で「人工知能が日本を変える党(AI党)」が誕生。長野県も自治体では初めて企業などと連携した研究を始めた。膨大なデータの分析が可能になり、政策の根拠が明確になると期待される一方、政治家がどう説明責任を果たすのか、人間がAIの判断を検証できるのかなどの課題も浮かぶ。

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文975文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです