メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京選挙区「氷河期候補」不安と怒りと共感と 同世代への訴えは…

就職氷河期世代の候補者の第一声に耳を傾ける人々=東京都新宿区で2019年7月4日午前10時10分、滝川大貴撮影

 バブル崩壊後に就職難に直面した「就職氷河期世代」に対する支援が参院選の争点に浮上している。東京選挙区(改選数6)では、主要政党の多くが30代半ば~40代のこの世代の候補者を擁立した。同世代としてこの問題をどう捉えているのか。街頭で各候補の訴えを聞いた。【大場伸也46歳、塩田彩33歳/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2881文字(全文3037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです