メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「逆戻りしない」「長期政権弊害」激戦区・三重 党首、幹部ら続々

街頭演説で支持を訴える安倍晋三首相=三重県伊勢市で2019年7月12日、大西岳彦撮影

 参院選三重選挙区(改選数1)は、自民現職の吉川有美氏と野党統一候補で無所属新人の芳野正英氏による事実上の一騎打ちとなっており、与野党が火花を散らす全国有数の激戦区だ。自民は「重点選挙区」と位置づけ、党幹部を次々と投入して支持を呼び掛ける。一方、2016年参院選で今回と同様の野党共闘で自民に競り勝った野党側も、知名度の高い弁士を招き、訴えに力を入れる。

 自民は安倍晋三首相が12日午後に三重県入りし、南部から北上する形で、伊勢、松阪、鈴鹿、桑名市の県内…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです