メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「逆戻りしない」「長期政権弊害」激戦区・三重 党首、幹部ら続々

街頭演説で支持を訴える安倍晋三首相=三重県伊勢市で2019年7月12日、大西岳彦撮影

 参院選三重選挙区(改選数1)は、自民現職の吉川有美氏と野党統一候補で無所属新人の芳野正英氏による事実上の一騎打ちとなっており、与野党が火花を散らす全国有数の激戦区だ。自民は「重点選挙区」と位置づけ、党幹部を次々と投入して支持を呼び掛ける。一方、2016年参院選で今回と同様の野党共闘で自民に競り勝った野党側も、知名度の高い弁士を招き、訴えに力を入れる。

 自民は安倍晋三首相が12日午後に三重県入りし、南部から北上する形で、伊勢、松阪、鈴鹿、桑名市の県内…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文975文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです