メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
参院選

候補者アンケート 対中韓、「現行」「柔軟」拮抗 強硬論少なく

 毎日新聞が実施した参院選の全候補者アンケートでは、改善が進む日中関係と、元徴用工訴訟などの問題で冷え切っている日韓関係についても尋ねた。いずれに対しても「政府の今の外交方針でよい(現行)」と「より柔軟な態度で臨む(柔軟)」が拮抗(きっこう)し、「より強い態度で臨む」ことを求める強硬論は少なかった。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文649文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. アディオス「神の子」 フェルナンドトーレスが引退試合 イニエスタらと競り合う

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです