メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

虐待防止 疲弊する児相 職員育成「国・自治体主導を」

3人の里子とスイカを食べながらおしゃべりする日高真智子さん(左から3人目)=千葉県流山市で2019年7月9日午後7時38分、喜屋武真之介撮影

 児童相談所の体制強化などを盛り込んだ改正児童虐待対策関連法が、今年6月に成立した。全国で13万3778件(2017年度)に上る相談に対応するため、職員の「質と量」を確保することを目指す。一方で、人材を育成する余裕がある現場は少なく、関係者は「国や自治体が主導してほしい」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです